海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

トランスポーター ザ・シリーズ レビュー一覧

Photo

TRANSPORTER the series(トランスポーター ザ・シリーズ)

作品概要】

ルールその1「契約厳守」
ルールその2「依頼人の名前は聞かない」
ルールその3「依頼品を開けない」
三つのルールを自らに課し、黒のAudi A8を駆り、高額な報酬でどんなものでも時間内に届ける凄腕の運び屋フランク。

ジェイスン・スティンサム主演で話題をさらった映画「トランスポーター」が2012年TVドラマシリーズ(S1全12話)となって登場。
続編があるかは今のところ、不明。

主な登場人物(ムービープラスから一部転載)

フランク・マーティン
黒のスーツに身を包んだ、冷静沈着なプロの運び屋=トランスポーター。
元SAS(英国陸軍特殊空挺部隊)のエリートという過去を持つ。
天才的なドライビング・テクニックと格闘技術を駆使し、どんな危険な依頼品であろうと正確に目的地まで届ける。
お人良しな性格ゆえか、女に極端に弱いせいか、しょっちゅう事件に巻き込まれる。
その度ルールを破る彼の業界での評判が果たしてどうなっているかは、謎である(笑)

カーラ・ヴァレリ
フランクの仕事のパートナー。ドラマでのオリキャラ。
元CIAエージェントで、コンピューターに精通している。依頼人との交渉はもちろん、仕事に不可欠なあらゆる情報をフランクに迅速に提供する右腕的存在。
と設定的にはなっているが、S1では大して役に立っていないうえ、男にだまされる、人質にされると、ほとんど良いとこなしである。
仮にS2が出来たときに、彼女の存在はそのまま生かされるのかはかなり謎。

ディーター・ハウスマン
車のメカニック。ドラマでのオリキャラ。
プライベートではおっちょこちょいなお調子者だが、仕事の腕は抜群。フランクからの信頼も厚い。フランクの愛車で特別な仕掛けが数多くほどこされているAudiのメンテナンスを一手に請け負う。
女好きでもあるが、車愛にも溢れている。
フランクにとっては私生活における親友でもあり、そのせいか何かと頭が上がらない。

タルコニ警部
ニースを管轄する警部で、映画版に続いてドラマ版にも登場(演じる俳優も同じ)
フランクの仕事がワケありであることを感じつつも、彼のモラルある行動に理解を示し、時に手助けすることも。
一見のんびりしているように見えるが、キレ者の警部。

  

日本での視聴・販売】

2013年5月からムービープラスで放映スタート。
全話放送終了。
S1のDVD・ブルーレイが、9月に発売予定。

     

  Blu-ray BOX        DVD-BOX

発売予定日:9月6日

※画像又は商品名クリックで、アマゾン商品ページから予約可能

  

映画版

レビュー一覧】

*がある部分は、ぼやきブログで書いているので、簡易レビューです。

S1 #12(邦題:真実を知った女)*
 ※シーズン最終話

S1 #11(邦題:消えた試作品)*

S1 #9(邦題:復讐の炎)、10(邦題:すり替えられた名画)*

S1 #8(邦題:プロの誇り)*

S1 #7(邦題:冷たい手)*

S1 #6(邦題:ブラッド・ダイヤモンド)*

S1 #5(邦題:盲目の友人)*

S1 #4 Dead Drop(邦題:盗まれた心臓)

S1 #3  (邦題:未来のエンジン)*

S1 #2 (邦題:敵からの贈り物)*

S1 #1 The General's Daughter(邦題:父の秘密)

  

関連作品レビュー】

ドイツ科学捜査チーム ~真実を追う者たち
 ※リンク先は同ドラマのカテゴリ。
   ディーター役のチャーリー・ヒュブナーがレギュラーだった作品

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/53025870

この記事へのトラックバック一覧です: トランスポーター ザ・シリーズ レビュー一覧:

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ