海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

クリミナル・マインド FBI行動分析課 レビュー一覧

Photo

作品概要(スーパードラマTVより一部転載)】

米CBSネットワークにて05年秋より放送を開始し、現在シーズン9まで製作が決定している傑作犯罪サスペンス・ミステリー。
FBI(アメリカ連邦捜査局)に実在する機関“BAU”(Behavioral Analysis Unit=行動分析課)。そこに所属し、犯罪者の心理を知り尽くした一流のプロファイラーたちが本作の登場人物。
彼らは全米各地でシリアル・キラー(連続連殺人鬼)が事件を起こすと現地に飛び、犯行現場の様子から犯人像をプロファイリングし、一刻も早い犯人逮捕をめざす。

【ニュース

新たなスピンオフの製作計画が進行中(シリーズ化は今のところ未定)
パイロット版の主役は、CSI:NYのゲイリー・シニーズが務めた。

主な登場人物(スーパードラマTVから一部転載)】

デヴィッド・ロッシ
愛称はデイヴ。S3から登場。
BAU創設メンバーの中心的人物の一人で、過去数々の難事件を解決した伝説と呼ばれる凶悪犯罪のパイオニア。ホッチのプロファイラーの師でもある。
10年以上前に野に下り、作家やコンサルタントで生計を立てていたが、若い頃に関わった未解決事件を解決するため、FBIに戻り、そのままBAUに留まる。
一匹狼気質であるため、入った当初は何かとトラブルの元となっていたが、現在では事件でプロファイルを行う上でのチームの要であり、無くてはならない人物である。
普段は飄々としており、メンバーを暖かく見守りそのフォローを欠かさないが、犯罪者に対峙する狡猾で容赦ない一面や、メンバー相手でも完全に心を開けない繊細な部分をも併せ持つ複雑な人物である。
過去に三回離婚歴がある。

アーロン・ホッチナー
愛称はホッチ。S1から登場。
厳格で優れた指導力を持つ、BAUのリーダー。
FBIに来る前は、連邦検察官だった。
常にスーツを着た正統派のFBI捜査官であると共に、自身も優れたプロファイラーである。正義感が強く、部下たちに厳しい一面がある一方、上層部などの圧力から彼らを守ろうと苦労することも多い。
真面目すぎる性格のせいで仲間たちのジョークに気づかず、とぼけた反応をすることも。
しかし仕事に打ち込むあまり、家庭は上手く行っていない。
妻ヘイリーとの間に、一人息子のジャックがいる。

デレク・モーガン
S1から登場。BAUきっての行動派捜査官。
肉弾戦を得意とし、危険な場所へも進んで飛び込んでいくが、プロファイラーとしての見識も豊かで、同僚たちに劣らない。
強面の外見とは裏腹に、性格は温厚で、情は深い。
同僚のガルシアとは性別を越えた友情を育み、強い絆で結ばれている。
母フランと姉サラがいる。

エミリー・プレンティス
ホッチナーが新人時代に警護についた大使の令嬢で、イェール大を卒業後FBIに入局し、10年のキャリアを積んだ捜査官(※後にインターポールにいた設定が追加されたことから、この辺の設定は食い違いが出ている)
BAUに異動になった直後はその実力を疑われたが、聡明で優秀な捜査官。女性ながら荒事も得意とする。
アラビア語、スペイン語、ロシア語など語学に堪能で、リード並みの博識を誇る才女。
実は筋金入りのSFオタク。

DR.スペンサー・リード
IQ187の天才的頭脳を持つ若手捜査官。
高校を12歳で卒業し、飛び級で入学した大学では数学、化学、工学、心理学、社会学、哲学という幅広い分野の学問を学んだ。
博士号も持っているため、時にDR.(博士)という敬称をつけて呼ばれる。
文章を読むスピード、記憶力ともに常人離れしているが、逆に一般常識では抜け落ちている部分が多い。
性格も天然気味で、チームの弟分として可愛がられている。

ジェニファー・ジャロウ
愛称はJJ。S1から登場。
ルックスはキュートで仕事もデキる女性捜査官。
BAUでは各地の警察との連絡、FBI内部での調整、マスコミへの対応を担当する。いつもは“縁の下の力持ち”的な役割が多いが、時にみずから捜査官として現場に出て活躍することも。
刑事ラモンテーンと結ばれ、子供をもうける。
情に流されやすい傾向がある。

ペネロープ・ガルシア
BAUのメンバーを支える情報分析官。
両親は18歳の時に交通事故で死亡し、天涯孤独。その後道を踏み外した彼女はトップクラスのクラッカーとなったが、FBIに逮捕され、スカウトされた。
派手な外見と軽そうな態度とは裏腹に、純粋で情が深く、チームのムードメーカー的存在。
特にモーガンとは、強い絆で結ばれている。

日本での放送・視聴】

WOWOWで現在シーズン9が放送中!スーパードラマTVではシーズン6まで放送が完了している。
DVDは現在シーズン8まで発売中、コンパクトBOX(廉価版)でシーズン7まで発売している。

発売中のDVD、小説本等】
  
※DVDは画像クリックでアマゾンから購入可能。
 ※DVDの特典映像や小説版の感想はここになります。

    

S1 コンパクト BOX [DVD]  S2 コンパクト BOX [DVD]

     

S3 コンパクト BOX [DVD]   S4 コンパクト BOX [DVD]

※S3の映像特典についてのレビューはこちら→

※S4の映像特典についてのレビューはこちら→

        

S5 コンパクト BOX [DVD]    シーズン6 コンパクト BOX [DVD]

※S5の映像特典についてのレビューはこちら→

※S6の映像特典についてのレビューはこちら→

         

S7 コレクターズ BOX Part1 [DVD] S7 コレクターズ BOX Part2 [DVD]

小説 クリミナル・マインド FBI行動分析課 血のモンタージュ  

小説クリミナル・マインド FBI行動分析課 猟奇のパズル

猟奇のパズルのレビューはこちら→

エピソードレビュー一覧】
  ※ * はぼやきブログにつながっているので、簡易レビューです。
   但し、感想とも呼べない記事はここには繋げてありません。

  • S9♯13 帰郷

  • S9♯12 ブラック・クイーン*

  • S9♯11 怒りの鉄拳

  • S9♯9 奇妙な果実(原題:Strange Fruit)

  • S9♯8 少年兵士

  • S9♯1 インスピレーション(前編)

  • S8#12 Zugzuwang(邦題:ツークツワンク)
  • S8#11 Perennials(邦題:転生)
  • S8#10 The Lesson(邦題:人形遣い)
  • S8#8 The Wheels On The Bus...(邦題:スクールバスジャック)*
  • S8#6 The Apprenticeship(邦題:殺しの教室)*
  • S8#5 The Good Earth(邦題:鮮血の大地)*
  • S8#4 God Complex(邦題:神コンプレックス)
  • S8#3 Through The Looking Glass(邦題:家族ゲーム)*
  • S8#2 The Pact(邦題:処刑同盟)
  • S8#1 The Silencer(邦題:沈黙の逃亡者)
  • S7 #23 HIT #24RUN(邦題:仮面強盗)
  • S7 #22 Profiling 101(邦題:プロファイラー入門)
  • S7 #20 *
  • S7 #18 Foundation(邦題:翼)
  • S7 #15 A Thin Line(邦題:殺人キャンペーン)*
  • S7 #14 Closing Time(邦題:罪と罰)
  • S7 #13 Snake Eyes(邦題:愛しきナンバー8)
  • S7 #12Unknown Subject(邦題:ピアノマン)*
  • S7 #11 True Genius(邦題:天才vs.天才)*
  • S7 #10 The Bittersweet Science(邦題:血に染まった拳)
  • S7 #9 Self-Fulfilling Prophecy(邦題:死の行軍)
  • S7 #8 HOPE
  • S7 #7 There's No Place Like Home(邦題:ストームチェイサー)
  • S7 #6 Epilogue(邦題:よみがえり)
  • S7 #5 From Childhood's Hour(邦題:母と子)
  • S7 #3、#4
  • S7 #2 Proof (邦題:虚構の愛)
  • S6 #22 +S3特番(InFANity)
  • S6 #24 Supply & Demand(邦題:終わりなき闘い)
  • S6 #11 25 To Life(邦題:25年目の真実) 
  • S6 #10 What Happens At Home ...(邦題:シリアルキラーの娘)
  • S6 #3、4
  • S6 #2 JJ
  • S6 #1The Longest Night(邦題:明けない夜)
  • S5 #22、23
  • S5 #14~21
  • S5 #10~13 
  • S5 #6~#9
  • S5 #1~#5
  • S3、4 一挙感想
  • S2 #23 史上最強の敵 再び
  • S2 #5 Aftermath(邦題:消えない傷跡)
  • スピンオフ作品】

    お披露目エピソードはクリミナル・マインド本家のS5#18。
    人気シリーズのスピンオフということで、主役にオスカー俳優フォレスト・ウィテカーを向かえ、なりもの入りで始まったこのシリーズだが、すぐに人気は失速。
    1シーズン(全13話)で打ち切りの上、最終話はクリフハンガーという最悪の終わり方となった。
    人気が出なかった要因はいろいろ考えられるが、最も大きな要因は本家との差別化が出来ていないかったことだと思われる。

    スピンオフ作品レビュー】

  • クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル(総括)
  • クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル #4 One Shot Kill (邦題:狙撃手)
  • クリミナル・マインド 特命捜査班レッドセル #1 Two Of A Kind(邦題:二つの誘拐)
  • クリミナル・マインド レッドセル コンパクト BOX [DVD]

    ※画像又は商品名クリックで、アマゾン商品ページから購入可能

    関連作品レビュー】

  • 映画「痩せゆく男」
  •  ※ロッシ役のジョー・マンテーニャ出演作
      ※原作小説のレビューはこちら→

  • 海外ドラマ「クロッシング・ライン」
  •  ※クリミナル・マインドのS1~6まで製作総指揮だったエドワード・アレン・バーネロ製作のドラマ

    関連グッズ】

    クリミナル マインド:FBI 行動分析課 [ダウンロード]

    価格:1980円

    ※画像又は商品名クリックで、アマゾン商品ページから購入可能

    ブロマイド写真(楽天)↓

    ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』メンバー7人

    価格:950円
    (2013/7/17 19:17時点)
    感想(2件)

    ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』/Dr.スペンサー・リード (マシュー・グレイ・ギュブラー)/笑顔のアップ

    価格:950円
    (2013/7/17 19:18時点)
    感想(2件)

    ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』 /ギデオンの頃のメンバー5人

    価格:950円
    (2013/7/17 19:18時点)
    感想(1件)

    ブロマイド写真★海外ドラマ『クリミナル・マインド FBI行動分析課』/デレク・モーガン( シェマー・ムーア)/FBI防弾チョッキ

    価格:950円
    (2013/7/17 19:19時点)
    感想(2件)

    ★★スポンサードリンク

    ★★スポンサー広告(admax)

     

    2017年9月
              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    スポンサードリンク




    • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

    ブログ外検索(google)


    カテゴリー

    日本ブログ村


    小鳥


    無料ブログはココログ