海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« 刀剣乱舞 一兄と浦島来ました!!アニメ 花丸も見たよ | トップページ | Hawaii: five-Oのチンとコノが降板!キャストの契約金格差について »

2017年6月17日 (土)

今野敏著 アンカー (スクープ4)




鋭い嗅覚を持つ報道番組「ニュースイレブン」の記者布施と、ベテランの腕利き刑事黒田。
二人が駆け引きを繰り返しながら、事件を解いていくスクープシリーズ第4弾!
いやー、待ってました^^
大大大好きなシリーズなんですが、最近今野先生の作品はどうも今一つなことが多いので…^^;
今回はいかに?

【あらすじ】

沢山のスクープをものにしてきたニュースイレブンの記者布施は、今回十年前の大学生刺殺事件に興味を持つ。 行きずりの犯行のために未だに犯人が見つからず、両親は10年経った今でも駅前でビラをくばりつづけていた。それに布施は関心をもったのだ。
一方その頃、警視庁特命捜査対策室の黒田も、同じ事件の担当となっていた。
しかし10年前の事件ということで、殺害現場すら舗装工事がされており、10年前とは様変わりしていた。
けれど聞き込みの結果、10年経った今でも、現場に花を定期的に供えに来る男が目撃されており…。

一方その頃、ニュースイレブンには視聴率が下がっているテコ入れとして、関西の系列局から栃本という男が送りこまれてきていた。
頑なにジャーナリズムと番組の伝統を守ろうとする鳩村に対し、栃本は視聴率をあげるためには様々な方法を試すべきだと解き、それが今まで変化のなかったニュースイレブンの番組や仲間に、様々な影響を与えていく・・・。

以下、ネタバレ感想】

★★スポンサードリンク★★

スクープシリーズ4冊目。
最近、今野先生の作品は今一つが続き、正直この作品もそうだったらどうしようと思ってましたが。
そんなことは全然ありませんでした!!(笑)
いやー、このシリーズはやはり面白い!
今回、布施ちゃんと黒田刑事の駆け引きや接触は少ないわけですが、事件は割と明快で展開がすっきりしており、最近の今野先生に多かった、尻尾を追いかける犬のような(失礼)主役たちがぐるぐるぐるぐるしている事件ものとは一線を画してます。
うん、こういうすっきりした爽快な展開を読みたいのよ!
ちょっとずつ証拠をかき集めて、容疑者を絞り込み、真実に近づいていく・・・それこそ警察小説の醍醐味でしょうに。
彼が犯人?ううん、違うかも?なんてうろうろうろうろするような話は、読みたくないのよ。

そして、そんな事件を追う面々の裏では、ニュースイレブンに新しいメンバーが入ることで、結束が固く信頼しあっていると思っていたメンバー間にさまざまな波紋や波風が起きる。
でもそれは、鳩村の心配していたような、恐れるような類のものではなく・・・。
変わらない良いものも勿論あるけど、いつの間にかそれが形骸化され、風通しが悪く、物を言い合えない、意思を反映出来ない番組となっていた。
鳩村は気づいていなかったけれど、他のメンバー、鳥飼や恵理子は気づいていて。
それ故に、それをどうにかしようと現れた栃本を受け入れ、それぞれが自分の出来ることでその壁をぶちやぶろうとする。
恵理子はキャスターの枠を飛び出ようとうることで。
鳥飼は降板を決意し、その決断を鳩村につきつけることで。
そしてそれが鳩村の曇っていた目をようやく覚まさせる。

うん、とても良いんじゃないでしょうか^^
鳩村さんはまじめで良い上司なんだけど、頑なすぎる部分が前々からあって、それが今回悪い方向に出ちゃった感じですね。
でも人間なんだから、当然こういう部分はある。
自分の作り上げてきた番組を、余所から入ってきた人間にかき回されたくない。
そう思うのは仕方がないことではあるけれど、でもそれで、大事なことを見失っては本末転倒。
鳩村はジャーナリストとしての芯を守りたいと考え、そのために番組作りをしてきたつもりだったけど、それがいつのまにか変化のない、どこからも苦情がでない意思の通らない番組や現場をつくりあげていた。
それをどうにか出来るのは布施ちゃんではなく、番組を現場で作ってる鳩村さんを中心にしたメンバーなんだよね^^

ともあれ、元の木阿弥に戻り、ここに良い感じの栃本も加わり、次回からも楽しめそうですね^^
欲をいうなら、もう一人や二人、刑事側のメンバーも増やして欲しいとこかな。
谷口は甘糟みたいな、平凡な刑事でありながら、割と頭も回る・・・というタイプなんだけど。
どうも今一つ地味で味がないんだよね。
まあ布施ちゃんと黒田さんの関係を客観的に描くには良い配置だから、今野先生が書きやすいってのもあるのだろうけどさ。
ともあれ、第五弾も楽しみです^^




アンカー

※画像又は商品名でアマゾン商品ページで注文可能


この記事が面白かった方はクリックをお願い^^→ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

★★スポンサードリンク★★

« 刀剣乱舞 一兄と浦島来ました!!アニメ 花丸も見たよ | トップページ | Hawaii: five-Oのチンとコノが降板!キャストの契約金格差について »

読んだ本のレビュー 今野敏」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/70890981

この記事へのトラックバック一覧です: 今野敏著 アンカー (スクープ4):

« 刀剣乱舞 一兄と浦島来ました!!アニメ 花丸も見たよ | トップページ | Hawaii: five-Oのチンとコノが降板!キャストの契約金格差について »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ