海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« 暴走地区―ZOO― S1#1 反撃のはじまり | トップページ | 米CBSが新たに来期放送ドラマを9本発表。クリミナル・マインドもそろそろ危険水域か? »

2016年3月25日 (金)

ボーリンがゲスト!NCIS:ニューオーリンズ/NCIS:New Orleans S1#12 海底に眠る謎

NCIS本家では女ギブスと名高い、男前の沿岸警備の捜査官、ボーリンの登場です^^

Photo_2

あらすじ(スーパードラマTⅤより一部転載)】

沿岸警備隊のボーリンからプライドの元に協力要請が入る。
ボーリンが調査した無線応答がなかった船舶で、殺人事件が発生したのだ。
それは海軍のハントリー将軍の娘アナ・ハントリーが乗船していた調査船で、アナは行方不明、乗船していた大学院生2人は1人は射殺、もう1人は頭を強打して死亡していた。
アナはすでに死亡している可能性が高かったが、もし海に逃げ延びたとしても、猶予は長くて24時間前後だった。
プライドたちはボーリンと協力しつつ、アナの行方を追う。
一方、ラサールの元には躁鬱病を抱えて行方が知れなかった兄ケイドが、発見されたとの知らせが入る。

以下、ネタバレ感想】

★★スポンサードリンク★★

調査船に残っていたペンキの塗料とボーリンが密入国斡旋容疑で逮捕した男の情報から、クライブという男が容疑者としてあがってくる。
クライブは女を囮につかって船を盗み、売りさばいているらしい。
プライドたちはクライブを逮捕し、彼の船からアナの遺留品が発見されるが、クライブの証言では、彼が侵入したときには、すでに被害者二人は死亡しており、アナはいなかったということだった。
その証言が真実かは怪しかったが、被害者二人の死亡推定時刻には、船はマリーンに停泊していたことがわかり、クライブの証言は立証される。
さらにアナのパソコンから、事件が起きた当日、なんらかのトラブルが起きたらしい映像が発見される。
アナは怯えたように、銃を誰かに向かって構えていた。
あるいはアナは被害者ではなく、加害者なのかもしれない。けれど彼女の指導者だというジョーンズ博士に聞いても、動機となりそうなものは浮かんでこなかった。

しかし調査船から見つかった微生物から、アナたちが事件のときに調査していた海域がわかったため、ボーリンの手配により、海底にカメラが入る。
そこに発見されたのはアナの遺体ではなく、スペインの旧式の銀貨だった。
これこそが、トラブルの原因に違いなかった。

アナは借金だらけで、事業料にも困っていたため、あるいは二人を殺して、それを誰かに売りさばくことを考えたのかもしれない。
それを証明するかのように、ハットン将軍の携帯にアナからメールが入る。
海の上では携帯は通じないため、これにより、とりあえずアナが地上にいることは確定的となった。
しかしアナが一人で銀貨を売りさばけるとは思えない。協力者が必ずいるはずだった。

パットンがウェブから、スペイン銀貨を売りさばいていた男を見つけ出す。彼こそがアナの協力者なのか?
プライドたちは彼を逮捕するが、彼は独自で銀貨を発見して売りさばいており、アナとは無関係だった。
しかし男はアナが銀貨を売りさばいているときの、ハンドルネームを知っていた。アナのせいで銀貨の相場が落ちたのは、男にとって死活問題だったのだ。
それにより、パットンがアナと思われる売り手にアクセスし、プライドたちは彼女を拘束することに成功する。
しかし、その場に現れたのはアナではなく、彼女の師であるジョーンズ博士だった。

実はジョーンズは3人と共に、あの船に居たのだ。
しかし銀貨が見つかったとき、3人は着服を反対し、海に戻すと言い出したため、欲に目がくらんだジョーンズは、はずみで一人を殺し、そのままもう二人も殺害したのだった。


今回は本家で馴染みの男前なボーリン捜査官の登場ということで、なかなか面白かった^^
プライドとのコンビもなかなかだねえ
ていうか、ボーリンはやはり本家制作陣がすでに、「こういうキャラだ」というのが出来上がっているから、脚本の中でここまでいきいきと描くことが出来るんだと思う。
だからこそ、プライドとのコンビだけでなく、セバスチャンとちょっとギャグタッチで絡ませたり・・ってことが出来るんだろうな。
ニューオーリンズメンバーは、未だそれが今一つしっかりしていないので、ケミストリーがイマイチって感じるのかもね。

ところで、ラサールの兄の事情が今回明るみになりましたが。
ラサールの兄ちゃんは、どうやら躁鬱病らしい。でも治療をしないで、あちこちを放浪しているようで。
「奴らに捕まる」とかいって逃げようとするけど、それが「現実」か、ただの「妄想」か、ラサールにも判断がつかないでいるらしい。
ただ今回の最後で、一応ラサールたち家族の元には戻ったわけで。
でも今後もこの家に落ち着く感じの兄ちゃんではないな。また飛び出していきそう。
それに、兄ちゃん絡みのラサールの展開に、今一つ面白みがないというか。
あるいは兄ちゃんが本当に誰かにねらわれていれば、面白みも出るのかもしれないけど・・・その辺は今後、ありそうな展開ですね。

しっかし、このニューオーリンズは、NCISのメンバーを片っ端からゲストに呼んでいるな^^;
こりゃあ本家ファンはそりゃ「見ようかな」って思うだろ。
ただ、ゲストがでまくるのはおそらくS1だけでしょうから。
あまりゲスト出演がなくなったS2からが、このドラマの本当の勝負でしょうね。





Ncis: New Orleans: The First Season [DVD] [Import]

※画像又は商品名クリックで、アマゾン商品ページから購入可能


この記事が面白かった方はクリックをお願い^^→にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

★★スポンサードリンク★★

« 暴走地区―ZOO― S1#1 反撃のはじまり | トップページ | 米CBSが新たに来期放送ドラマを9本発表。クリミナル・マインドもそろそろ危険水域か? »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ NCIS」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/64554688

この記事へのトラックバック一覧です: ボーリンがゲスト!NCIS:ニューオーリンズ/NCIS:New Orleans S1#12 海底に眠る謎:

« 暴走地区―ZOO― S1#1 反撃のはじまり | トップページ | 米CBSが新たに来期放送ドラマを9本発表。クリミナル・マインドもそろそろ危険水域か? »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ