海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« 以前紹介したジェイソン・アイザックス主演「DIG/ 聖都の謎」がHULUで配信スタート!! | トップページ | 2015年7月 お楽しみ海外ドラマ(放送編) »

2015年6月28日 (日)

アンドレ・ブラウアとロバート・ショーン・レナードが対決!!law&order 性犯罪特捜班(SVU) S16 #21 ゆがめられた正義

エリス弁護士こと、大好きなアンドレ・ブラウアと、ドクターハウスのウィルソンでお馴染みの、ロバート・ショーン・レナードがゲストの回です。
ううう、大好きな二人が裁判で火花を散らすから、どっちを応援して良いか、迷う~~~!!!><(笑)
あ、ついでに(←待て)、クレイゲン警部もゲストだった(笑)

Photo_2

あらすじ(FOXCRIMEから一部転載】

ベンソンはエリス弁護士から、17年前の事件の再捜査を頼まれる。
当時6歳だったミシェルが父親にレイプされたと訴え、彼は有罪判決を受けていた。
しかし、今になって彼女は母親オードリーにウソを強要されたと証言を撤回したのだ。
再審を請求するべく、新たな証拠を探すSVUは、ミシェルの担任から警察に宛てられた手紙を発見する。
その手紙には、彼女が母親にウソを強要されたことが書かれていたが、裁判で証拠として使われていなかった。

以下、ネタバレ感想】

★★スポンサードリンク★★

エリスはそれを元に再審要求を出すが、判事の判断で再審は却下されてしまう。
残る手段は人身保護法で訴えることだが、そちらで判事を説得するには、新たな証拠が必要だった。
しかしオリビアには、ひとつ気になっていることがあった。
当時、この事件を担当した刑事が、SVUから連絡しても無のつぶてだったのに、エリスが再審要求をするとクレイゲンに聞いた途端に、街に戻ってきていたのだ。
SVUに呼出し、クレイゲンが上手く話しに乗って話を聞きだすと、刑事のマコーマックは事件よりも前から、オードリーと知り合いだったようだ。
夫が暴力事件を起こし、数度家に呼ばれていたのだ。
さらにマコーマックの周囲を洗うと、彼は事件の二年後、妻に離婚を申請されていたことがわかった。
その理由は・・・といえば、オードリーとの不倫だった。
ミシェルの母は、夫を逮捕した刑事と付き合っていたのだ。これがもし事件前からの関係であれば、充分、判事を説得する材料となる。
SVUは事件より前にオードリーが飲酒で捕まったときに、マコーマックの介入により、微罪で済まされていることや、二人で事件前に旅行に出かけたことを調べ上げ、エリスはそれらの証拠を元に、人身保護法の適用を判事に訴え、説得する。
判事は再審を認め、再び事件は裁判で争われることとなる。
当時、事件を担当した検事補のオドワイヤーは、起訴の撤回をしなかった。どうしても冤罪を認めたくないのだ。

裁判では、エリスはオードリーをマコーマック刑事との不倫関係で追い詰め、逆にオドワイヤーは、ミシェルの当時に記憶が曖昧であることを突っ込み、彼女に「当時のことを覚えていない」と暴露させる。
しかし、エリスは逆にそれを逆手に取り、当時6才だったミシェルに、オドワイヤーが答えを誘導したに違いないと、陪審員に想わせることに成功する。
けれどオドワイヤーに裁判で責めたてられたミシェルは、同時に自分が事件当時のことをまるで覚えていないことに改めて気付き、愕然とする。
彼女は自分が嘘の証言をしたと考え、それ故にずっと罪悪感を抱いてきたが、それすらも思い込みかもしれないのだ。
それを聞いたオリビアは、言葉を失うのだった。

結局裁判は、すべて無罪判決がおり、ミシェルの父親は釈放される。
しかし喜びで抱きしめる父親を、疑惑をぬぐいきれないミシェルは、複雑な顔で抱きしめ返すのだった。


はー、もう、大満足ですなあ^-^(笑)
大好きなアンドレとロバートが火花を散らすって、それだけでもう、お腹一杯って感じ。
それにアンドレの演技力もさすがだけど、ロバートのミシェルへの尋問シーンもすごかった。
普段人のよさそうな男が悪人になるとすごいネチコイ感じになるっていうのは、ヒュー・ジャックマンだけに限らんのか←(笑)

そういえば、エリスのファンって感じで、浮かれてるカリシが可愛いv
でもなるほど・・カリシはどっちかというと、マンチの若い頃ってイメージなのだな。
だからエリス弁護士大好きなのか(笑。マンチは確かユダヤ人設定で、マイノリティを救おうとしてるエリスに尊敬と共感があるみたいだったからな)
けど、弁護士のはずなのに、当たり前のようにSVUに命令しているエリス弁護士のカリスマがすご過ぎ(笑)
ところでカリシはマジで新人設定なのか?(演じる俳優さん、それほど若くは見えんけど・・・)


この記事が面白かった方はクリックをお願い^^→にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

★★スポンサードリンク★★

« 以前紹介したジェイソン・アイザックス主演「DIG/ 聖都の謎」がHULUで配信スタート!! | トップページ | 2015年7月 お楽しみ海外ドラマ(放送編) »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ House.m.d(ドクターハウス)」カテゴリの記事

海外ドラマ law&order」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
エリス弁護士が登場する話は盛り上がりますよね。
今回は他のゲストも豪華な顔ぶれだったのでより一層、良かったです。
カリシのテンションは視聴者に近いものがあるかと。
クレイゲン警部も久々の登場でしたが、クレイゲン警部よりエリスの方が上司に見えました(笑)
そしてお待ちかねのカリシですが今回も良い味を出してましたね。
散々、青いって言われてますがキャシディよりはメンタルが強そうなので今のままでいてほしいです。
成長はしてほしいんですが今の夢見る刑事ってキャラクターは魅力なので。

カリシは若い設定?ですが新人ではなかったと思います。
確か初登場時に短期間で各地を転々としてる言ってましたし。
でも刑事としては本家のニーナ・キャサディくらいな印象なので新人と変わらないですね。
それとニーナと同じでカリシもベテランが欲しいって言った場所に配属されるという共通点が(笑)
ビューレンさんもオリビアも苦労してますね・・・。

そしてピーター・スカナヴィーノですが若くないですね。
年齢も俳優デビューの年もケリー・ギディッシュと同じ(ピーター~が1ヶ月半若い)。
ケリー・ギディッシュの方が順調にキャリアを積んでますがピーター・スカナヴィーノにも頑張ってほしいです。

ドミニカゾンビさん、こんばんは♪
そうかあ・・・エリス弁護士回はやっぱり視聴者的にも盛り上がるんですね。
私はアンドレのかなりなファンなので、正直、あまり客観視は出来ていないと
思っていたのですが。
でも人気が無ければ、こんなに何度もゲストに出ないでしょうしね。
今回はそれ以外にもロバートが出てたし、大興奮でした^^
(逆にクレイゲン警部はなんだか、ただのおじさんみたいになってましたね・・・
地味すぎだろ)

ああ、やっぱりカリシは新人じゃないんですね。
確かに俳優さん、あんま若く無さそうだったしなあ…。
でも良い意味で青さを失わない刑事ってのは、やっぱ良いですよね^^
どうもSVUは重たい部署のせいか、みんな悟りすぎてて暗い雰囲気があるので
カリシのように、周囲を明るくしてくれるキャラが必要ですよね。
ただ、ロリンズとの相性は、正直どうかなあ・・・という気がしてますけど。

というか、ロリンズはもうそろそろいい加減、キャラは固まってきてるんですかね?
ロリンズはどうも賭け事の依存症にしてみたり、妹ともめさせてみたり、
色々要素を入れる割には味がないというか、
視聴者的に先の展開が楽しみにならないというか。
ケリーの演技に重みがいまひとつないせいもあるでしょうけど、SVU制作陣の迷走が目に見える感じだったからなあ・・・。
個人的にカリシは、フィンあたりと組んだほうが味がでそうだと
思ってたりもするんですが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/60535598

この記事へのトラックバック一覧です: アンドレ・ブラウアとロバート・ショーン・レナードが対決!!law&order 性犯罪特捜班(SVU) S16 #21 ゆがめられた正義:

« 以前紹介したジェイソン・アイザックス主演「DIG/ 聖都の謎」がHULUで配信スタート!! | トップページ | 2015年7月 お楽しみ海外ドラマ(放送編) »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ