海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« law&order C.I (クリミナル・インテント) シーズン4 #23 法を憎む男 (原題:False-Hearted Judges) | トップページ | スリーピー・ホロウ日本版DVDがようやく発売決定!!他、ダウントンアビーやビッグバンセオリーの新シーズンも!! »

2015年1月21日 (水)

ゴールデングローブ賞 授賞式レポ その1

ゴールデングローブ賞の授賞式(トーゼン字幕(笑)をやっとみたので、目についたところをレポしていこうと思います。
まずは事前のレッドカーペット。
スタジオを設けて、注目の人物を呼んでインタビューをしていましたが。

今年一番のりはやはりジョージ&アマル・クルーニー夫妻
今年、ジョージはセシル・B・デミル賞という、映画界における功労賞にあたる名誉ある賞をもらうために、この授賞式に呼ばれているのですが。
結婚したばかりの話題の夫婦ということもあり、授賞式側はここぞとばかり、ジョージたちがいることを意識させる作戦みたいです(笑)
CMに入るたびに、ジョージ・クルーニー再登場予定と連呼するから、「なんか詐欺っぽい」とか思っちゃったよ(笑)

ともあれ、最初のインタビューで、「今年、貴方はセシル・B・デミル賞という名誉ある賞を受賞することになったのだけど、貴方の半生が映像で流れるわね」とインタビュアーに言われて、「まるで『6才の僕が大人になるまで』だね」とジョージが言ってたのが、さすがだなあと思った^^
「6才の~」は、今年オスカーでも、ゴールデングローブ賞でも、作品賞有力候補作品だし、こんな気の利いた返しが咄嗟に出来る人は、少ないよなあ・・惚れ直すわ^^



まあインタビュアーが大したこと聞かなかったせいで、他は大して印象に残らんかったのもあるが。

他に、目についたインタビューを受けた人といえば、マギー&ジェイク・ギレンホール姉弟
この姉弟って、仲良いんだね。
インタビューのときも、ずっとじゃれついてたし、「貴方の弟って怖い(※今回ノミネートされた役柄が怖いらしい)って15人くらいに言われたわ」っていってたマギーがすごい微笑ましかった

他にヘレン・ミレンが単独インタビューで「パリの新聞社襲撃事件に抗議するため」といって、ペンをアクセサリー代わりに肩につけてたのが印象的だった。
さりげなくて、洒落た主張の仕方だよね^^(にしてもこの人、年食ってもスレンダーで綺麗だなあ・・ドレスも良く似合ってる)
あと、この間、英GQ誌の男性ベストドレッサーに選ばれたエディ・レッドメインが新婚らしい奥さんをつれて出ていたけど、なかなかキュートだった^^
この人って顔は平凡だけど、笑顔が可愛いね。
ベネディクトといい、最近英国の好みは変わりつつあるのかな?

あと、ジェームズ・スペイダー(ブラックリスト)とか、ベネディクト・カンバーバッチもインタビュー受けてたけど、作品について割と真面目な話をしてたから端折る。
あんま面白みがないし(笑)

他は・・・ああ、あと悪い意味で印象に残ったのが、パトリシア・アークエット
ドレスが悪いのか、当人のスタイル管理が悪いのか知らんが(多分後者だな)、上品でスレンダーなドレスなのに、すごい寸胴で太って見えた^^;
勿体なーって思ったよ^^;

では、授賞式に行ってみますか。
とりあえず、目についたとこだけね(笑)

★★スポンサードリンク★★

まずは映画の助演男優賞
プレゼンターはジェニファー・アニンストンとベネディクト・カンバーバッチ
オスカーとかゴールデングローブ賞は、みんなプレゼンターの台本が決まってることは知ってるでしょうが、そのせいか微妙にコメディタッチのやりとりがぎこちないのもご愛嬌って感じでした。^^;
受賞者のJ・Kシモンズは可も不可もないって感じのスピーチでした。
普通に共演者やスタッフや家族にお礼を言って。にしても短いな

テレビムービー、ミニシリーズ部門の作品賞
受賞はファーゴ



でもプレゼンターはジェニファー・ロペスとジェレミー・レナーだったのに、大したやりとりもなく、つまらない^^;
あと、ジェニファー・ロペスのびらっと胸を開けたドレスが、少々はしたなく思えた。
どう見ても、ファンデーションかなんかで、胸元塗ってるしな、あれ(笑)
あと、舞台に上がったメンバーの中に、マーティン・フリーマンは来てないっぽいね。
仕事の関係かな。今や売れっ子で、あちこち引っ張りだこだろうしね(でも男優賞でノミネートされてるのに・・・)

そのままお次はテレビムービー、ミニシリーズ部門の男優賞
受賞者は、ファーゴのビリー・ボブ・ソーントン
マーティン・フリーマンもノミネートされていたのに、票われもせず、見事に受賞。
まあ、今回で5回目・・・かなんかのノミネートだしね。会員も「いい加減あげようよ」と思っていたのでしょう。
ただ、スピーチは至ってシンプルで好感が持てるものでした。
「最近は何か言えば面倒が起きる。経験から学んだ。だから一言だけ、”Thank you”」
これは、ドラマの内容にひっかけてのことかな?ファーゴの主役は、余計なことを余計な相手にしゃべっちゃったばっかりに、殺人犯にかかわる羽目になったから。
それともこの人なんか最近、ゴシップあったっけ(はて?離婚歴が多すぎるから、今更だよなあ・・)
でもこの人、後の授賞者相手のインタビュー番組で、「寝てみたい相手は?」と二者択一できかれて、ジェニファー・アニンストンを強烈プッシュしてたんだよね。
まあもっとも、彼はアンジーの元旦那なので、それにひっかけたジョークだったんでしょうが。(司会者はそれにきづかなかったらしく、つっこまなかったそうだ・・・ばーか)

テレビの部 助演男優賞
プレゼンターはケイティ・ホームズと、セス・マイヤーズ
セスは良い感じだけど、ケイティの引きつった笑顔がちょっとなあ・・・って感じだった^^;
受賞者はノーマル・ハートのマット・ボマー



スピーチで「夫のサイモンと子供たち愛してる。減量してる僕の前でピザを食べるなと怒ってごめん」と言ってたのが印象的だった。
マットといえば、数年前にゲイであることをカミングアウトして、今後大丈夫なのか?と思っていましたが。
こういう場で堂々と配偶者を「夫」と口に出していうところに、好感を覚えました^^
まあ今回出演したノーマル・ハート自体、根底では同性愛にかかわる問題を色々描いた作品だからね。

映画部門の助演女優賞に輝いたのは、「6才の~」のパトリシア・アークエット^^(やったね!)
原稿持参でそれを読み上げたのは、受賞者にしては珍しいといえば珍しいですが、舞台上でお礼いう人の名前を飛ばしちゃったり、ぶっつけ本番だと色々あるからね。
それをおもえば、ちゃんと文章をしたためてきて、全員に感謝や愛情のこもった言葉をおくっていたパトリシアには好感が持てました。
まあ原稿作っといて、受賞できなかったらカッコ悪いってのもあるんだろうけどさ。
興奮のあまりわめきたてる俳優がたまにいるから、自分はそういうタイプだとわかっていたら、原稿つくっといたほうが印象が良いかも?(笑)

テレビムービー、ミニシリーズ部門の女優賞
プレゼンターはエイドリアン・ブロディとケイト・ベッキンセールという異色コンビなのに、ロクに絡みもなく、つまらなかった(笑)
受賞者は「THE HONORABLE WOMAN」のマギー・ギレンホール
一声から「言葉につまったら、弟が助けてくれるわ」と言ったのがほほえましかった^^



このドラマは、イスラエルとパレスチナの紛争を描いた、BBCのミニシリーズらしいね。
宣伝を見ただけでも面白そうだから、見てみたい。

うーむ、ここまで書いてきて思ったけど、今年のゴールデン・グローブ賞は、今一つ盛り上がりに欠けて面白くないな。脚本のせいか?
以前、マイケル・C・ホールが受賞したときなんかは、ひどく感動したもんだけど。
やはりジョージの登場まで、待たにゃああかんか(笑)

過去の授賞式を見てると、友人同士がたまたま同じ舞台にたつ(受賞者がたまたま友人だった場合ね)と、アドリブかましたりするのがほほえましかったんだけど。
今年はそういったのが、今のところ一切ないね。
プレゼンターも不自然なコントを脚本通りにするだけ。
このまま最後までいっちゃったら、ちょっとイラッとするかもね★


この記事が面白かった方はクリックをお願い^^→にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

★★スポンサードリンク★★

« law&order C.I (クリミナル・インテント) シーズン4 #23 法を憎む男 (原題:False-Hearted Judges) | トップページ | スリーピー・ホロウ日本版DVDがようやく発売決定!!他、ダウントンアビーやビッグバンセオリーの新シーズンも!! »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ俳優の話題」カテゴリの記事

海外ドラマ ブラックリスト」カテゴリの記事

海外ドラマ その他」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

映画俳優の話題」カテゴリの記事

映画賞、ドラマ賞」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/58627568

この記事へのトラックバック一覧です: ゴールデングローブ賞 授賞式レポ その1:

« law&order C.I (クリミナル・インテント) シーズン4 #23 法を憎む男 (原題:False-Hearted Judges) | トップページ | スリーピー・ホロウ日本版DVDがようやく発売決定!!他、ダウントンアビーやビッグバンセオリーの新シーズンも!! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ