海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« ジョー・マンテーニャ出演作 映画「痩せゆく男(原題:Thinner)」 | トップページ | 2013年、2014年 年末年始 お楽しみ海外ドラマ »

2013年12月15日 (日)

クロッシング・ライン ヨーロッパ特別捜査チーム S1#7 The Animals(邦題:獣たち)

トランスポーター・ザ・シリーズのフランクでお馴染のクリス・ヴァンスがゲストの回です^^

Photo

あらすじ(AXNミステリより一部転載)】

オランダ・ハーグ。ヒックマンは支店長に会うためハーグ国際銀行を訪れていたが、ちょうどその時、強盗団に銀行は占拠されてしまう。
しかし強盗団は金が目的といいながら、なかなか逃走しようとせず、銀行内に留まっていた。
ヒックマンの携帯から現場の状況を知ったルイ達は現場に駆けつける。

以下、ネタばれ感想】

メンバーはヒックマンを含めた人質を救出するため、それぞれ動き出す。
セバスチャンは携帯の音声から、メンバーの一人を割り出し、地下通路から、犯人が逃げるルートを割り出した。
トミーは狙撃手を探すため、独自に動き出し、狙撃手が知っている顔だったことに愕然とする。
一方アンヌ=マリーは携帯で聞いたヒックマンの言葉から、犯人の一人が事前に侵入していたことを知り、監視カメラの映像からそれを割り出す。
その結果、メンバーの一人の身元があきらかになり、それにより、犯人グループの目的がはっきりとする。
そのメンバーは夫が刑務所に終身刑で服役しているのだ。刑務所の場所は、地下通路の通る位置のすぐ近くにあった。
強盗団は銀行強盗を起こして気を反らさせている間に、彼女の夫を脱獄させる手筈となっていたのだった。


なんかまともにあらすじ書くほどの内容でもなかったので、大筋ですが(笑)
今回は娯楽刑事ドラマにはだいたい一話はある、メンバーがたまたま強盗に出くわした事件でしたが。
相変わらず面白い・・・そして突っ込みどころが満載(笑)
なんなんだろうな・・・あの犯人たち(笑)色々口をはさむ上、刑事であるヒックマンに対して、殴りもしないし、拘束もしない。
どれだけのんきなんだ^^;(笑)
しかし犯人グループのリーダーに扮する、クリス・ヴァンスがカッチョ良かったので、それだけで個人的には満足です(笑)
でも一話で使い捨てにするには、勿体ない感じだよなあ・・あの犯人。
余裕ありありだし、プロフェッショナルな感じの割に、やることザルだらけだし(←それは脚本に言っては・・)、何よりヒックマンに銃を撃ち落とされたときの、「わかった、わかった・・俺の負けだ」って笑った笑顔がキュート^^
こういう男がヒックマンのライバル的に度々出てくれると、楽しくなるのにな。
あれ?私、クリスしか誉めてない?(笑)だって今回の話しも、突っ込みどころが多すぎたんだもんなあ・・(笑)

そもそもあんな使われたことのない通路をつかって脱獄するなら、銀行強盗なんかせんでも、ただ脱獄すれば見つからなかったのでは?という突っ込みを入れちゃあダメでしょうか?(笑)
だって通路の近くに逃げ出すまでは自力で出来ていたんだから、夜中に誰かがこっそり通路に入って、爆弾しかけて穴あけるほうが楽だったでしょうに。
わざわざ強盗までして、銀行の中から通路に入る意味がわからん(だって脱獄場所のすぐそばから外に出れてたじゃん・・・^^;どれだけ無駄なことやってんだ、犯人たち)

それと、またもや今度はトミーの伏線が。
今回出てきた狙撃手は、どうやらトミーの弟っぽい?噂に聞いた犯罪者の家系の一人ってことかな?
ただだからといって、あんまりドラマチックな展開にも、凝った展開にも、なりそうにないが(1話目からここまで見てきて、さすがに重厚で秀逸なドラマ展開は諦めた^^;)

でもどこまで視聴者を引き付けるために、伏線を増やす気か知らんが、一挙だしし過ぎだろう(汗)
最もクリマイのときも、大概伏線は短期回収だったから、それを見越してのことかもしれんが(長期シーズン続ける自信が無いのかもなあ・・・)

しかしどうでも良いが、トミーは武術とか、戦術のエキスパートって設定だったと思ったのだが。全然それっぽい活躍をさせてもらってないあたり(むしろエヴァのほうが・・・げふげふ)
「給料泥棒」と呼んでも良いでしょうか?(アンヌ=マリーの超記憶設定もそうだが、彼女はヒックマンとのほのぼの相棒関係が微笑ましいので赦す(笑))
クリマイスピンオフの某狙撃手を思い出したよ。
狙撃手という名称だけが一人歩きして、それらしい活躍は皆無・・とはいわんが、ほとんどさせてもらえなかったあたり。
今のトミーに良く似てるな。

あと、夫婦間がちゃくちゃくと悪くなっているらしいルイ(汗)
ていうか、今回の件はルイに責任なくね?
ミヘルの調査の情報が漏れた→ルイか奥さんしか知らない→家に盗聴器がって展開になったのは良いけど、それで奥さんがルイを拒むような展開になるのが今一つわからん。
ミヘルは奥さんに自分が調査に行くことを黙っていたルイが悪いって言ってたけど、部下が強盗犯に人質に取られてたんだし、已むを得ないと思わんのか。
それに奥さんもさあ・・・盗聴器が仕掛けられていたことを知って「犯人は私たちから、息子だけでなく嘆きを奪った。私には何も残されてない」って。
ルイの存在は無いものですか。そうですか(汗)

結局のところ、エドワード・アレン・バーネロじゃあ、通り一片のシリアス展開しか書けないってことだよね。
そもそも設定的には、ルイが奥さんに逆恨みされてたって良いところなのに(どうみても息子はルイの巻き添えだったわけだし)、「憎しみ」を挟まないルイにとって都合の良い拒絶にしようとするから、話が微妙になる。
このドラマに重厚な展開を期待したって無駄だってさすがにもうわかってるけど、フィクナーやラヴォワーヌが演技が無駄に上手すぎるのがなあ・・・。
対して脚本が稚拙すぎて全く役者にそぐわなくて、見てて溜息が出ちゃうわ。
ただCBSなら間違いなく、1シーズンで打ち切ってるような内容だけど、このドラマってNBCだからね。
シーズン2も続いちゃうらしい。
まあクリマイも脚本の劣化が激しいから、その代わりとしては見られるけどね。




Crossing Lines [Blu-ray] [Import]

発売予定日:2014年1月21日

※画像又は商品名クリックで、アマゾン商品ページから購入可能


この記事が面白かった方はクリックをお願い^^→にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

★★スポンサードリンク


★★スポンサー広告(admax)

« ジョー・マンテーニャ出演作 映画「痩せゆく男(原題:Thinner)」 | トップページ | 2013年、2014年 年末年始 お楽しみ海外ドラマ »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ クロッシング・ライン」カテゴリの記事

海外ドラマ トランスポーター・ザ・シリーズ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。以前フジテレビで放映されていた時に観ておりまして、このブルーレイを購入しようと思っているのですが、日本語字幕には対応しておりますでしょうか?色々調べても中々情報が出て来ないので教えていただきたく、投稿いたしました。よろしくお願いいたします。

はじめまして。
どうやら設定ミスで、コメントのいくつかがスパムに紛れこんでいたらしく、見落としておりました。
大変返事が遅くなりまして、申し訳ありません。

このブルーレイですが、私も調べてみましたが、ちょっとわかりませんね。
ただ、アマゾンのページには英語とスペイン語しか表記がないので。
日本語対応はしていない可能性が高いと思います。
こちらの作品、すでに日本版のDVDも出ていますが、そちらをご購入されてはいかがでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/54256307

この記事へのトラックバック一覧です: クロッシング・ライン ヨーロッパ特別捜査チーム S1#7 The Animals(邦題:獣たち):

« ジョー・マンテーニャ出演作 映画「痩せゆく男(原題:Thinner)」 | トップページ | 2013年、2014年 年末年始 お楽しみ海外ドラマ »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ