海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« 2012年12月のお楽しみ海外ドラマ | トップページ | 2012年12月、1月のお楽しみ海外ドラマ(販売・レンタル編) »

2012年11月26日 (月)

ピクミン2と打って変わった、ピクミン1の鬼畜ゲ―加減にびびった(^^;

1週間ほど前に家に来たピクミン1ですが、すでに2回りゲーム終えました。
別に一週間ずっと一日中やってたからこんな早く・・・ってわけじゃないですよ。
最近ちょっとバタバタしているので、あんま時間はないのですが(なのにゲームなんかやってるから、海外ドラマが見れんのだcoldsweats01
ただピクミン1はピクミン2と違い、タイム制限って縛りがあるんですよね。

ピクミン1では、2でも主役であるオリマーが、ピクミンの生息(?)している星にロケットの故障で不時着したことから始まります。
しかしその惑星は大気に酸素(※オリマーたちにとっては毒)が混じっていることから、生命維持装置で留まれるのは30日間のみ。
その間にオリマーは、惑星で出会ったピクミン達を使って、ロケットのバラバラになって星に散らばった部品を、30個集めなきゃならないわけですが・・。

ピクミンの世界における1日は、13分強らしい。
といっても全て使えるものではなく、最初はピクミンをいる数だけ出して整列させにゃならんし、終わりも日暮れ前にピクミンを全て回収しないと、現地生物に食べられてしまいます(遠方まで出掛けているときなんて、最悪^^;
ので14分で計算して420分、時間にして7時間あれば、1はひと回り出来てしまいます。
それは良いけど、2をやった後だと、1はなかなかシンドイ。
2と違う点をざっと箇条書きで上げてみると。

  • 白ピクミンと紫ピクミンがいない
    2で登場の新キャラだから、仕方ないね。便利なのに(TT)
  • 爆弾で壊す岩が登場
    黄色ピクミンは1では電撃に耐性があるわけでは無く、爆弾を投げるピクミンだ!
  • 隊列を組んでいても、1は移動中にピクミンが勝手に離脱しまくる(2も多少あるけど)
    隊列をはずれ、蜜を漁る、角が上手く曲がれなくて留まる・・など(汗)そのせいで、考え無しに行動してると、日暮れに回収がえらい困難になる。
  • 全体的に反応が鈍い
    1も2と同じく、リモコン+ヌンチャクの二つ使いをしなきゃならないわけですが、ボタン押したときのピクミンが投げられる速度が微妙に遅い。そのせいか、敵がなかなか倒れてくれない(涙)あと、ピクミンの笛への反応も鈍く、近距離でも2、3度吹かなきゃならないときも。
  • 道が迷路のように入り組んでいるのに、あちこち通路をふさぐ壁がある。
    しかもただでは崩れない(2はピクミンさえいれば壊せる壁は全て壊れたわけですが、1は爆弾をとってきてそれを複数個使わないと壊れないという壁がざらにあります。その上、爆弾までがそれほど頻繁にないし、地図に載らないみたいだし(TT)
  • 2であったピクミンを奮起させるトウガラシや、敵の動きを止める苦いスプレーがない。
    そのせいで、強い敵もひたすらピクミンで真っ向勝負(汗)いや、眠ってるのや後ろから狙うんだけど、紫ピクミンがいないから一時的に隙を作って犠牲を少なめで倒すとか、なかなか出来ないのよ。
  • 1はバッドエンドがあり。2は無し。
    といっても、バッドエンドはバッドエンドでアリだと思ったけど。オリマーはピクミン達に愛されてるなあ・・^^
  • クマチャッピーの目が赤い
    正直、不気味でコワい…あれに向ってこられると反射的に逃げたくなる^^;
  • 2と逆にチャレンジモードに縛りがない
    2のチャレンジモードはカギを見つけて出口を探さなきゃクリアできない、タイム制限があるなどの縛りがありましたが。1は逆にチャレンジモードが縛りがなく、ひたすら時間中にピクミンをどこまで増やせるかという酪農家じみたゲームになっています(笑)2をやった後だと少々味気ないかな。
  • 1はタイトル画面のままでほおっておくと、愛の歌のプロモが流れる

くらいかな。
「愛の歌」、YOUTUBEにアップされていたので、貼っておきます。

そういえば、ピクミン1のCMでは、この曲が使われていたんだよな。
でも2→1とやった限りでは、ピクミンがそれほどいじらしい生き物には思えんが(笑)
どっちかというと、ネズミのような種の繁栄へのたくましさを感じる。

1は1回目は30個の宇宙船の部品中、25個までしか集められず、見事にバッドエンドを迎えましたが、2回目は見事にクリア、エンディングを見れました。
2と違い、攻略範囲の少なさにびびったけど(2は途中で一応エンディングがみられるけど、実質お宝コンプリートが真エンディングだしな)

いずれにせよ、1もクリアしたし、ちょっと最近ゲームをやり過ぎな気もするので、早々に売っぱらうことにします。
といってももうすぐ、レイトン教授VS逆転裁判が発売されちゃうのですが(笑)

 

Wiiであそぶ ピクミン

価格:3800円( 11月21日現在)

※画像クリックでAmazon商品ページから購入可能

« 2012年12月のお楽しみ海外ドラマ | トップページ | 2012年12月、1月のお楽しみ海外ドラマ(販売・レンタル編) »

ゲーム」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/47928844

この記事へのトラックバック一覧です: ピクミン2と打って変わった、ピクミン1の鬼畜ゲ―加減にびびった(^^;:

« 2012年12月のお楽しみ海外ドラマ | トップページ | 2012年12月、1月のお楽しみ海外ドラマ(販売・レンタル編) »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ