海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« CSI:科学捜査班(ラスベガス) S9 #2(#203) 時の過ぎゆくままに | トップページ | クリミナル・マインドFBI行動分析課 S5 #10~13  »

2012年3月28日 (水)

REX (Kommissar Rex) シーズン6 #4 Jagd Nach Dem Ewigen Leben(邦題:不死の薬)

   

あらすじ(AXNミステリから一部転載)】

貨物駅で男の死体が発見された。
死体はコーヒー豆の入った木箱の中に入っていて、コーヒー豆で死臭が出ないようにしたと考えられた。
当初、死体には身元の手がかりになるものは残されていないように思われたが、アレックスは被害者の靴がオーダーメイドであることに気付く。

以下、ネタばれ感想】

靴のオーダーメイドを扱ってる店を当たったところ、被害者はノルデックと云う名の男だった。
検死の結果、ノルデックは1メートル以上は身長の高い相手に殴られたということだったが、そんな人間はまずいないため、アレックスは高所から何かを落とされたのでは?と考える。さらにノルデックの傷口から、19世紀頃の亜麻布と糊、それに金色の付着物が発見された。アレックスは凶器は本ではないかと考える。

そんな折、国立図書館から死体が見つかったと報告が入る。
図書館の管理人だったルッツは、両側からハンドルを回すタイプの棚により、圧死させられていた。それにより犯人は少なくとも二人以上であることがわかる。
さらに図書館で展示されていたライヒェンベルク伯が書いた本が犯人の目的だったらしく、その本が盗まれていた。伯爵は150歳まで生きたため、チベットで不死の薬を見つけたと云われていた。そしてそれは最近新聞で取り上げられたため、話題となっていたのだ。

さらに中央広間に、REXが血の痕を見つける。それは二階の蔵書保管場所から落ちており、そこには血のついた本があった。それこそがノルデックを殺した凶器だった。
ルッツとノルデックは二人とも、伯爵が知っていたという不死の製法を狙った連中に、殺されたに違いなかった。
アレックスは図書館で不思議なチベットの僧に会うが、彼がいうには伯爵が持っていた不死の薬の製法はチベットから持ち出されたものだという。
さらにノルベックの親戚によると、伯爵はその製法の書かれた説明書を盗みだしたとも云われていた。伯爵はそれを白檀の箱に入れて隠し、隠し場所は妻へと渡されたメモに記されていたらしい。
ノルデックは伯爵の親族であり、恐らくそのメモを継承したために、殺されたのだ。

アレックスはREXに白檀の香りを覚えさせ、博士の遺品の中から件の白檀の箱を見つけ出す。それは博士の遺品である地球儀の中に隠されていた。
アレックスは犯人をおびき寄せるため、わざと白檀の箱をそのままにし、テレビのインタビューを受けて地球儀の存在を公表させた。
待ち伏せをして犯人を捕らえようとするが、一人は逮捕したが、一人はベックたちの手を逃れて逃亡する。
アレックスとREXは犯人を追いかけるが、アレックスは追跡先で、犯人が死んでいるのを発見。チベット僧に説明書に盗難避けの毒が塗られている話を聞き、慌ててREXを探す。
しかし時すでに遅く、白檀の香りをもとに箱を追っていたREXは偶然箱が開き、説明書に触れてしまう。
倒れ伏したREXを見つけアレックスは愕然とするが、僧侶の不思議な力でREXは息を吹き返す。

しかしその間に白檀の箱ごと、説明書は消えてしまう。REXが追跡して捕まえた犯人は、ノルベックの親戚という男だった。
アレックスは争いの元になる箱を、チベット僧に返し事件を終了する。

  

今回は不死の薬を信じている痛い人々が色々と画策するという、話自体も随分と奇をてらった内容ではありましたが、REX的にも、事件的にも、見どころは沢山あり、楽しめました。
もともとREXは犬を使っている段階で、完全にリアルとは言い難いのだから、娯楽要素を入れるためこれくらいやってしまってOKだと私は思う(笑)

ではまああとは、いつもの個人的な見どころを 

その① 動物病院で診察を嫌がり、隠れるREX

カーテンの掛けられた棚の中に隠れながら、片足と尻尾だけ隙間からはみ出してるのが妙に可愛いhappy01heart04
今回はREXは扁桃腺を腫らしたらしい。
「静かで暖かいところなら連れて行っても良い」と云われ、「暖かいけど、静かではないかも?」と返すアレックス(笑)
それはベックとクンツがやかましいということでしょうか?(あたってるけど)

その② アレックスとREXに弄ばれる、子守役の二人(笑)

「しばらくREXを頼む」といって、REXの薬を買いに薬局に出掛けてしまうアレックス。
そこでさみしげなREXに気付いてか
「アレックスはすぐに戻る」「お前の薬を買いにいったんだ」と告げるクンツとベック。
しかし「まさか、犬に薬?」とクンツが言ったことから、REXはいつもの定位置に敷いてあるマットをもって移動。
取調室(?)の床にマットを敷き、そこにペタンと伏せてしまう。
「そんなこというから拗ねちゃったぞ」というベックと、「(REXは)わかっていないさ」と返すクンツ。
このときの「口調でなんとなくわかるんだ!」というベックの日本語訳が面白い。
口調って(笑)
まあ正確には鳴き声とか、唸り声とか、そんなものでしょうね。
それにベックは間接的な飼い主らしいから(笑)

どちらにしろ、机の奥に伏せるREXを困ったように覗きこむ二人を余所に、REXは二人の足元を抜けて再びいつもの部屋へ。
しかも吠えて二人を呼び寄せて置いて、車輪付きの椅子を通り路へ押し出すなんて工作を。
それに当たって、見事に重なり合って転倒する二人(笑)
REXはその隙に警察署を抜けだし、アレックスのもとへ(足元をちょいちょいとお手でつっついて、アレックスを呼ぶのが可愛い^^♪)

しかし署に戻ってきたアレックスは役にたたないお守り二人へのペナルティなのか、単なるいじめなのか、しばらくREXに身をひそめさせておいて、偏屈顔で「REXは?」とか白々しく問い詰める(笑)
REXが関わるとアレックスが怖いとわかっているのか、異様に真剣に言い訳をしている二人組が面白い^^♪

その③ 事情聴取のアレックス待ちで、柱時計に翻弄されるREX

左右に動く柱時計を見ている間に、それにつられて、顔を左右に振ってしまうREX。
途中で嫌気がさしたのか、「もう見ない!」というように下をむいてしまう辺りが可愛いhappy01heart04

その④ グラーフ博士を実験台に使うアレックス(笑)

最近アレックスはその鬼畜さというか、底意地悪さが露骨に出てきてますねえ^^(笑)
被害者を殺したのは「本」かもしれないと考え、グラーフ博士に後ろを向かせ、上で超分厚くて重い本を落とす犯人を真似るアレックス。
「気をつけてくれよ」というグラーフ博士は、頭の上に殺人可能な凶器を落とされないかと、不安そう(そりゃそうだ)
しかしアレックスはそれにも
「大丈夫。もしものときは医者がいる(使い物にならないかもしれないけど)」
と返す。
鬼畜ですねえ(笑)
でもそんな彼が大好きだ!(←色々問題発言(笑))

その⑤ すごいぞ、チベット僧のハンドパワー!(笑)

説明書の毒に触れてしまい、息絶えた(?)REX。
それに「そんな嘘だろ!死ぬなREX!!」と愕然とするアレックス。
良いシーンなんだけど、彼の涙声に、以前ギデオンがゲスト出演時にやった、お馬鹿な殺人鬼役を思い出した(S1#10参照)
そんなREXに、チベット僧はハンドパワー(←もうちょっと良いようがあるだろうが(笑))を与え、毒を吸い出し、REXを甦らせる。

アレックスが話の閉めに「人間の寿命は決まっていて、それを変える権利は誰にもないとチベット僧に教えられた」とか云っていたけど、REXへのハンドパワーは別格扱いってことか?犬だから?(笑)
ただ最後に久々に、REXがアレックスに飛びつくシーンが来ましたね。
ギデオン重そうだけど、微笑ましいから好きなのだよな~^^heart04

« CSI:科学捜査班(ラスベガス) S9 #2(#203) 時の過ぎゆくままに | トップページ | クリミナル・マインドFBI行動分析課 S5 #10~13  »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ REX」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/44655078

この記事へのトラックバック一覧です: REX (Kommissar Rex) シーズン6 #4 Jagd Nach Dem Ewigen Leben(邦題:不死の薬):

« CSI:科学捜査班(ラスベガス) S9 #2(#203) 時の過ぎゆくままに | トップページ | クリミナル・マインドFBI行動分析課 S5 #10~13  »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ