海外ドラマ視聴サイト

  • hulu
  • GyaO!ストア
  • dビデオ
  • ツタヤディスカス(※動画配信あり)
  • 楽天SHOWTIME

海外ドラマニューリリース(Amazon)

海外ドラマニューリリース(あまぞん)

お得な通販サイト♪

  • アマゾン
  • 楽天市場
  • YAHOO(※Tポイント使用可能)

要らないものをお金に。

« 噂の海外ドラマ「メンタリスト」を見た! | トップページ | law&order SVU シーズン7 第20話 (ネタばれ感想) »

2011年1月14日 (金)

NCIS シーズン6 第5話 Nine Lives

あらすじ(FOXから引用】
自宅の車庫で拷問された末、失血死した海兵の遺体が発見される。
車庫にあった工具箱に元上官ケイルの指紋がついていたことから、ギブスたちが住み家を突き止めて突入すると、そこにはフォーネルの姿が。
ケイルはフォーネルが担当する事件で重要参考人であるため、FBIの保護下に置かれており、フォーネルはケイルのアリバイを主張。ところがギブスがフォーネルの事件について探らせると、ケイルとFBIの取引が発覚する。

 

以下、ネタばれ感想】

久々に見て、やっぱ本家NCISは良いなあ・・・と思った。
話の展開も、なかなか先を読ませず面白いし、最近はやりのプロファイリングだの言い出さず、昔堅気なギブスの直感と証拠を頼りに事件を追っていくというのも、コロンボとか、メグレ警視とか、正統派刑事ドラマを思わせて良いね。

ギブスとフォーネルの老兵コンビが活躍する今回は、殺人事件自体は意外に単純だったけど、展開は面白かったし、二人のやり取りは今回も秀逸で、いちいち楽しかったり、にやりと笑えたりするのが良い。
戦友で、友達で、ライバルで、その上別れた妻が同じ・・という辺りも笑えるな(笑)
「キミがそんな顔を見せたのは、別れたキミの妻にプロポーズしたときだけだな」とか、「失敗はキミの元妻と結婚したことだ」とか、フォーネルがいちいちギブスに言うのが笑える。
この二人に恐れられるのだから、よほど恐妻だったのだろうか?

それに、最後の微妙に消化不良だったりする展開も、余韻を残すという意味では良いな。

何よりやっぱり、ギブス演じるマーク・ハーモンの演技力と、圧倒的な存在感がすごい!
NCISはコメディ色も強い事件ものなので、正当に評価されないことのほうが多いけど、この人はもっと評価されるべきだよな~

それに久々に見ると思うのは、NCISは内部の人間のケミストリーの良さが半端ない。

ボスであるギブスと、その部下たちは勿論のこと、トニーとマクギー、マクギーとアビー、ギブスとフォーネル、ギブスとダッキー、ダッキーとアビー、ギブスとヴァンス、その他。
とにかく登場人物同士のケミストリーが、抜群に良いし、面白いのだ。

しかし恋愛絡みのトニー&シヴァのケミストリーは、最初に見たときも思ったが、実にイマイチだな・・・(溜息)
二人とも恋愛が絡むと、互いへの絡み方が途端にねちこくなって、その上、同じようなやりとりが延々と継続されるので、見てるほうもうんざりする。
NCISの脚本チームは、実は恋愛かくのが苦手なのかも。ケイトとトニーのときは姉弟みたいで嫉妬はあっても恋愛感情はなかったから、絡んでいてもやりとりが軽妙で面白かったけど、トニーとシヴァはどうも苦手だ。絡みの仕方も毎回ほとんど同じだし。

相手の感情を探ってしつこく絡む→嫉妬してる?みたいな嫌味で答える。
どっちに相手が出来ても同じで、その繰り返し(うんざり)
あんましつこくやられると、いっそくっついちまえ!とか思っちゃうな。
そうすりゃあ、ドラマの設定上別れざるを得ないだろうし(←鬼)

まあ冗談抜きで、いずれメンバーをテコ入れするとなると、中心メンバーではシヴァしか変えようがないような気がするんだよな~
シヴァは正直、ケイトほど他のメンバーとのケミストリーが良いとは思えないので、変えてもあまり影響はない気がする。となると最終的には、一度くっつく→別れた末の死亡又は移動ってことになるのかな(ひでえ!)

まあトニー役のマイケルや、アビー役のポーリーはギブスに次ぐ人気キャラだし、彼らがいないとこのドラマは魅力が半減するから、変えようがないだろう。
マクギーも要るだけで良い味を出すキャラに成長しているけど、正直シヴァはストーリーの牽引役という以外では、あまりキャラ立ちしていないよな~

どうしてこういう、男キャラがやたらに重厚に描かれているドラマは、ヒロインキャラが今一つ魅力がないというか、キャラが薄っぺらいのかな?
ハウスのカディといい・・。

それとも、女性キャラの魅力が薄いから、男キャラが際立つのだろうか?

まあでも確かにマンガでも、小説でも、アクション小説と恋愛小説、どちらもうまいという人は少ないけど。

« 噂の海外ドラマ「メンタリスト」を見た! | トップページ | law&order SVU シーズン7 第20話 (ネタばれ感想) »

海外ドラマ」カテゴリの記事

海外ドラマ NCIS」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>『どうしてこういう、男キャラがやたらに重厚に描かれているドラマは、ヒロインキャラが今一つ魅力がないというか、キャラが薄っぺらいのかな?
ハウスのカディといい・・。

それとも、女性キャラの魅力が薄いから、男キャラが際立つのだろうか?

まあでも確かにマンガでも、小説でも、アクション小説と恋愛小説、どちらもうまいという人は少ないけど。』


何年も前の記事に失礼します、ひとことお礼が言いたかったのです
NCISはケーブルテレビでの放送帯と生活リズムがたまたま合うため、なし崩しにシーズン8までみてしまいました
海軍犯罪捜査局という特殊な設定を用いながらも、舞台仕掛けや台詞回しなどは「古きよき」「骨太な」刑事ドラマをかなり意識しているのが伝わってきます
話作りは現在星の数ほどあるドラマの中でもトップクラスだと思いますし役者の演技も然り、シーズンが長く続いたのも納得
しかしながらどうしてもあと一歩ハマれなかった
その原因がずっと解らずに今日まで言葉にならない苛立ちを抱えてきました
その答えを探るため視聴を続けてきたといっても過言ではありません
現状に耐え兼ねとうとうインターネットに頼り検索にあたりこのブログを拝見するに至ったわけですが、まさにあなた様のおっしゃる通り
私は認めたくなかったのです
評判も良く登場人物も魅力たっぷりで(シヴァについては賛否ありますが)これほど完璧なドラマの良さが分からない自分は何と愚かだろうと目を逸らして参りました
その馬鹿げた自戒も終わりです、解き放たれました
女性キャラに魅力がない!
まったくその通り!!!!!
薄っぺらい!!!!!!!!!!
なんだかコミカルで一人歩きしていく男性キャラたちに比べてNCISの女性キャラはアクティブな役職こそ与えられてもいまいちというか舞台装置の域を出ていない気がします
人間味を感じるツボは一応押さえた「ただのキャラ」といいますか、すみません貴方様ほど上手く言葉に出来ませんが
一人歩きしない、という表現が精一杯です
目覚めてもう一つ気付いたのが私個人、ハードボイルド小説の主人公的スペックを持つギブスにハマれなかったというのもありました
ギブスは作品きっての人気キャラですしハマらなきゃハマらなきゃと自身を律していたことが拍車をかけていたのかもしれません
貴方の言葉で解き放たれました
これからは純粋に愛しのアビーと軽妙な事件展開を楽しみに、正直にNCISを観ていきます
本当にありがとうございました

余談という名の愚痴ですが、NCISのシェパード局長やマン中佐(階級間違っていたらすみません)にドクターハウスのカディなど、偏屈で厳しいけど仕事はできる不器用な孤独を纏う男が主人公の場合に変なところでヒステリックになるヒロインは必須なのでしょうか
あまりにワンパターンな気がします

いきなり長文を送りつけて失礼しました
ただそれだけ貴方様の言葉に救われたのです
貴方様個人や件のドラマを中傷する意図はなかったことがどうにか伝わることを祈ります
どうかご容赦ください

コメントありがとうございます^^
返事が大変遅れてすみませんでした。
どうやらなんらかの設定ミスでスパムにコメントが選り分けられていたらしく、見落としておりました。申し訳ありません。

私もアビーは大好きなんですが、今一つ薄っぺらいというか、キャラが非現実的なせいか、そういうキャラだで済ませてしまっている気がします。
まあNCISは結局のところ、ギブスの物語ですから、それで構わない気がしますが、トニーなどは表向き単純なお馬鹿キャラに見えて、その実複雑なアイデンティティを持つに至った理由や背景を、とても丁寧に描いてくれていると思うので。
女性キャラになると途端にそのあたりがおざなりになるのは、非常に残念な気がします。
ただ、その手の複雑な背景を持つに至るキャラを演じて説得力を出すには、役者にもそれなりの技量が必要だと思うんですよね。
アビー役のポーリーに演技力が足りないとは言いませんが、なんだろう…年を重ねるごとに役者の演技に上乗せになっていく人生観みたいなもの?
そういったものが少々足りてないのかなあと思います。
まあ単純に、NCISのスタッフが、女性のキャラの背景を描くのが今一つ上手くないというのがあるのかもしれませんが。

>不器用な孤独を纏う男が主人公の場合に変なところでヒステリックになるヒロインは必須なのでしょうか
確かにこのパターン、いい加減飽きましたよね(笑)
でも下手に理解をしめして同調するヒロインだと関係が重くなっていきそうですし、やっぱり偏屈な主人公を社会に引き戻すような存在が、相手としてふさわしいという判断なんじゃないでしょうか?
まあその結果、何故かヒステリックな女キャラとなるのは、意味がわかりませんが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545238/40937816

この記事へのトラックバック一覧です: NCIS シーズン6 第5話 Nine Lives:

« 噂の海外ドラマ「メンタリスト」を見た! | トップページ | law&order SVU シーズン7 第20話 (ネタばれ感想) »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

スポンサードリンク




  • リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

ブログ外検索(google)


カテゴリー

日本ブログ村


小鳥


無料ブログはココログ